【XOM】エクソンモービルと原油市場

米国株

原油市場

最近は何かと原油市場が賑わいをみせております。日本では出光・昭和シェルが統合
し、「出光昭和シェル」となったり、街に出ればガソリン価格高騰しており、背景には原油価格が影響しています。本日はそんなホットな原油についてみてみたいと思います。

原油とは?

そもそも原油とはなんでしょうか?原料、原液、原子と同じで「原」が使われており、素材そのものの状態。つまり、油の最初の状態です。それから手を加えることで、原油から石油、重油、軽油、ガソリンなどができます。

原油高騰

現在エネルギー関連の株、エクソンモービルが大きく上昇しています。

私たちはガソリンスタンドに行く場合、ロシア製の原油だからここのガソリンスタンドを利用するということはないと思います。もしかしたらいるかもしれませんが、私の場合はないです。それはつまり、よくも悪くも原油価格に影響を受けやすく性質があります。

現在原油価格が高騰しており、(年始までが異常に安かった)また、地政学からすると、現在米国はイランに対し制裁を科していること少なからず影響しています。そして、他国に対してもイラン産の原油を輸入している場合、11月の4日までに輸入を完全停止しなければ、イラン制裁に背いたとして処罰的措置を科すと脅しています。

OPEC

OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)は、石油の権益を守るため、1960年9月に設立された産油国の協議機関です。役割としましては、石油の生産量や価格の調整をする役割を果たしています。そして現在もOPEC加盟国の原油生産量は世界の40%で、世界経済に対して大きな影響力もたらしています。以下が加盟国です。

 国旗 国名 加盟時期
イラクの旗 イラン (1960年原加盟国)
イランの旗 イラク (1960年原加盟国)
クウェートの旗 クゥエート (1960年原加盟国)
サウジアラビアの旗 サウジアラビア (1960年原加盟国)
ベネズエラの旗 ベネズエラ (1960年原加盟国)
カタールの旗 カタール (1961年)
リビア (1962年)
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦  (1967年)
アルジェリアの旗 アルジェリア (1969年)
ナイジェリアの旗 ナイジェリア (1971年)
アンゴラの旗 アンゴラ (2007年)
エクアドルの旗 エクアドル (2007年 再加盟、前加盟期間1973 – 1993年)
ガボンの旗 ガボン (2016年 再加盟、前加盟期間1975 – 1995年)
赤道ギニアの旗 赤道ギニア (2017年)

※wikipedia参照

前回は6月12日(火曜日)にMonthly Oil Market Reportが発行されました。そして、次回が7月11日(水)に発表されます。将来の見通しや地域ごと詳しくチャートなどと合わせて説明されています。今後の原油価格を知るために目を通しておいて損はないでしょう。

まとめ

【XOM】は、、原油価格に大きく影響を受けてしことや、電気自動車の普及によって原油の需要が減ることで購入をためらう投資家が多いです。不人気な分下がったら配当金が多く貰えるメリットもあります。バイアンドホールドと捉えれば高配当の優良株です。

【XOM】ラージヒルしたエクソンモービル 
先月は調整時に個別株でエクソンモービルを10株買ったので今日は関係する内容を話していきたいと思います! ラージヒルしたXOM 本日はエクソンモービルの最高経営責任者 レックス・ティラーソン氏について話してい...

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント