知らないのはもったいない!米国債

長期投資

私は基本的に米国株に投資をしていますが、世間ではまだ浸透しておらず、そもそも株に投資すること自体がマイナーです。

理由をいくつかあげてみます。

株に投資はギャンブルだ

真面目に働いて、貯金が一番

将来は心配だけどお金を投資に回せない

株について知識がないからわからない

千差万別の意見があるでしょう。たしかに、株はそもそも株価が変動するので、リスクはありますし、世間で認識されている「危険性」のリスク、つまり元本割れの可能性もあります。実際、私が保有しているアルトリアの株は含み損になっています。

しかし、銀行に貯金はオススメしません。以前でしたら、貯金してれば勝手に増えましたが、今はそんな時代ではありません。今後を考えても預金金利は上がらないでしょう。

「でも株は怖い・・けど資産形成をしたい」そんな方には・・・

米国債

米国債とは、米国の債券です。つまり米国が発行しているものです。購入することで米国にお金を貸していることになります。「貸金」ですので「価値がなくなる」ということは米国が破産した時以外ありません。

また、「貸金」なので、返済される期間が決まっていますし、購入前に利回りが決まります。それは期間が満了した時に受け取れるお金や、時期に見通しがたち、資産運用ができます。

手数料に関しても、「販売手数料」「信託報酬」「維持費」など気にしなくてよく、期限がくるまで、ほったらかしで待っていればいいので楽です。

株でしたら、世界情勢やコモディティ、同セクターとの比較、貸借対照表、報告書など企業を調べ、企業を応援したりしますが、そんなこともありません。

基本的に元本は確保されているので、元本第一優先の日本人の気質にあっているといえるでしょう。基本的にということは元本は割れる場合がありますが、それは国債を購入して、期間内に解約してしまう場合です。

満了するまでの期間内には、国債のお金をあてにしないように余裕資金で運用する必要がありますが、100万もあれば十分です。

日本にも国債はありますが、米国債をオススメします。というのも今後を考えると、日本と米国との経済面での格差は開いていきます。それでも日本の国債に投資したい場合方は下のグラフを見てみましょう。

日本の10年物国債ですが、利回りが、0、06%あたりでしょうか、低すぎです。先月は0、02%とほぼ0です。10年お金を貸してこれは見返りが少なすぎです。10年物の日本国債を買うならいつでも降ろせるネット銀行に預けておきましょう。

一方、米国債はどうでしょうか

10年物の米国債は、金利が引き上げられた影響あってでほぼ3%の利回りです。これを見ても日本の物と利回りが全然違います。また、先進国ですが、経済力、人口、労働力と今後経済成長を続ける余地が十分あると考えられます。

オススメな年代

30後半から40代の方で、ある程度まとまったお金があり、少しでも増やしたい方はつみたてNISAと米国債の運用で資産形成を始めた場合違った世界が見えると思います。

ちなみに私は20代で、iDeCo、つみたてNISAでインデックスの投資信託を運用し、個別の米国株に投資をしているので現在は米国債を購入予定はないですが、10年後には検討したいと思っています。

また、私が始めた、個人確定拠出年金のiDeCoはデメリットがあり、60歳まで引き出せません。しかし、米国債で運用した場合ならお金が必要になりそうな場合は、前もって購入せずに調整できますし、購入後に必要になった場合も、最悪、途中解約できます。そうすれば、老後の資産形成も視野に運用できるので、iDeCoのデメリットがどうしても嫌な方は、米国債で長期運用できます。

また今なら超低金利の日本で資金を調達し、米国債突っ込み、10年サイクルで運用していけば、儲けることができそうな気もします。詳しく調べていないのでなんとも言えませんが。

そもそも、こんな優良商品が知られていないのは、銀行や、証券会社に旨味がないからだと思っています。

「販売手数料」「信託報酬」などの手数料がないからね

勧められた株や、投資信託を始める前に米国債を調べてみるのも、選択肢の一つとしていいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援クリックお願いします

ではでは

コメント