気絶つみたて投資にオススメ!フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド

つみたてNISA

新商品が追加

2018年1月から開始した、つみたてNISA。現在多くの方が始めており、興味を引くファンドがありましので、紹介したいと思います。

つみたてNISA

つみたてNISAとは、厳選された投資信託を通じて、毎年40万円までを最長20年間投資によって得られた売却益(譲渡益)や分配金の運用益が非課税にできるものです。

「フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド」2040/2050

フィデリティ投信株式会社が委託をしている商品で、2018年の6月22日につみたてNISAに追加されました。信託報酬は、年率0.13%~年率0.38%程度で、少し幅があります。

このファンドの魅力は、時間の経過によってポートフォリオにある株式の割合を債権に振って最終的にはキャッシュにし、放っておいてもリスクを減らすことを目指す商品です。

つみたてNISAのデメリットと言ってもいいかもしれませんが、つみたてNISAはスイッチングができません

どういうこうかと言うと、途中で、購入した投資信託を買い換えることができません。

なので、株にしか投資をしていない投資信託の場合、売ろうと思っている出口付近で暴落した場合、もろにダメージを受ける可能性があります。

しかし、こちらの商品は2040年または、2050年の出口に近づくにつれ自動で配分を変えてくれます。

現時点の投資対象は、国内株式12%、先進国海外株式57%、新興国株式12%、世界債券19%で世界債券の配分で組入れる投資対象に対しては為替ヘッジを行なっています。

以下が、ポートフォリオの詳細です。

投資対象ファンド 運用会社 概要
フィデリティ・インデックス・
US・ファンド
(英国籍証券投資法人/英ポンド建て)
FILインベストメント・
サービシズ(英国)・リミテッド
主として米国の株式に投資し、S&P500指数の動きに
連動する投資成果を目指して運用を行なうことにより、長
期的な元本の成長を目指します。
フィデリティ・インデックス・ UK・ファンド (英国籍証券投資法人/英ポンド建て) FILインベストメント・
サービシズ(英国)・リミテッド
主として英国の株式に投資し、FTSEオールシェア指数の 動きに連動する投資成果を目指して運用を行なうことに より、長期的な元本の成長を目指します。
フィデリティ・インデックス・ ヨーロッパ(除くUK)・ファンド (英国籍証券投資法人/英ポンド建て) FILインベストメント・
サービシズ(英国)・リミテッド
主として欧州(除く英国)の株式に投資し、MSCI ヨーロッ パ(除く英国)・インデックスの動きに連動する投資成果を 目指して運用を行なうことにより、長期的な元本の成長 を目指します。
フィデリティ・インデックス・ パシフィック(除く日本)・ファンド (英国籍証券投資法人/英ポンド建て) FILインベストメント・
サービシズ(英国)・リミテッド
主として太平洋地域(除く日本)の株式に投資し、MSCI パシフィック(除く日本)・インデックスの動きに連動する 投資成果を目指して運用を行なうことにより、長期的な 元本の成長を目指します。
フィデリティ・インデックス・ ジャパン・ファンド (英国籍証券投資法人/英ポンド建て) FILインベストメント・
サービシズ(英国)・リミテッド
主として日本の株式に投資し、MSCI ジャパン・インデック スの動きに連動する投資成果を目指して運用を行なうこ とにより、長期的な元本の成長を目指します。
フィデリティ・インデックス・ エマージング・マーケッツ・ファンド (英国籍証券投資法人/英ポンド建て) FILインベストメント・ サービシズ(英国)・リミテッド 主として新興国の株式に投資し、MSCI エマージング・ マーケット・インデックスの動きに連動する投資成果を目 指して運用を行なうことにより、長期的な元本の成長を 目指します。
バンガード® ・米国トータル債券市場ETF (米国籍外国投資信託/米ドル建て) バンガード・グループ・インク ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデッ クスのパフォーマンスへの連動を目指します。
バンガード® ・トータル・ インターナショナル債券市場ETF (米国籍外国投資信託/米ドル建て) バンガード・グループ・インク ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合(米ドル除 く)浮動調整RIC基準インデックスのパフォーマンスへの 連動を目指します。
フィデリティ・マネー・プール・ マザーファンド (国内証券投資信託) フィデリティ投信株式会社 ファンドの運用の委託先: FILインベストメント・ マネジメント(香港)・リミテッド  主として本邦通貨表示の公社債等(国債、地方債、政府保 証債、利付金融債、事業債、短期金融商品等)に投資を行 ない、安定した収益の確保を図ることを目的として運用 を行ないます。

※交付目論見書から引用

まとめ

つみたてNISAで多くの利益を出す場合、米国株に全力投球がいいと思いますが、暴落した場合、その反動も大きいです。極論ですが、最後の最後で元本割れを起こす可能性もあります。

そのため、ある程度出口付近になった場合、売り時を意識する必要がでます。

その場合、ある程度相場観が必要となりますが、配分を自動で債権寄りにし、最終的にキャッシュ化してくれるため、完全なる気絶つみたて投資が可能です。

株について詳しくないけど、預金よりもお金を増やし、人生設計をしたい場合、受け取る際のことをしっかり考え、その時に必要なお金をつくるイメージを描いているこのファンドはライフマネージメントの面からみてとても魅力的な商品です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント