【SQ】スクエア・お手軽キャッシュレスの成長株

米国株

【SQ】スクエア

2009年に設立されたカード決算処理企業でニューヨーク証券に上場しています。日本では馴染みがまだないですが、米国ではキャッシュレス化の流れに乗り、2017年から注目されている銘柄です。

事業コンセプトは「誰でも簡単にクレジットカード決済が受け付けられる

一般的な据え置き型のクレジットカードリーダーを置いていない店舗でも、スマートフォンやタブレットPCに当ソフトウェアをダウンロードしクレジットカードリーダーをイヤホン・ジャックに差し込めば、クレジットカードを読み取りが行えるようになります。

このハードウェアも手頃な価格で購入でき、中小企業の店舗でも使われています。またビザや、マスターカードなど既存のカード決済処理企業や共存関係を構築することで業界を拡大しています。


そして、決済処理だけには止まらず売上の分析、商品の注文、在庫数の把握、在庫場所、さらに従業員の管理までできます。

チャート

今年に入り勢いが止まらず今年中には株価が100を超えるのが現実味を帯びてきています。

業績推移

2014年から2017年まで順調に売上、粗利益を増やしてきています。

四半期で見ても順調さが伺えます。

そして、株価が上がっている点から御察しの通り、2016年からコンセンサスを全て上回っています。

短期的安全性

グロース株では、キャッシュを蓄えていない企業もちらほらありますが、流動資産が流動負債を大きく超えています。そして、最近では流動比率も200%超えてます。

収益率指標

投資家のお金がきっちりと収益向上に役立っているかわかる指標でEPS、こちらは最初の2回はコンセンサスに届いていません。

当時は失望する方も多かったのではないでしょうか。しかし、それからはきっちり結果を出し、2016年8月から今日まで上回っています。

今後の見通し

2017年の末からから大きく変わったのが画像の下にあるビットコインで収入がある点です。まだ試作段階ですが、今後ビットコインで決済ができるようになるとしたらビットコインの評価はまた大きく変わるかもしれません。

今後進むキャッシュレス化に是非とも覚えておきたい銘柄です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

グロース株で注目の「SaaS」銘柄紹介!
SaaSとは? SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態です。 すでに私たちの周...
【OKTA】クラウド管理サービス企業・オクタを購入
【OKTA】オクタ 先月購入した銘柄オクタについて話していきたいと思います。オクタはクラウド管理サービス企業で2009年に創業されました。比較的に若い企業です。 企業内容 企業が拡張エンタープライズを保護し、管理し、顧客の経験を変える...
【TEAM】アトラシアン 企業分析
【TEAM】アトラシアン ソフトウェア会社大手であり、チームでの共同作業用のソフトウェアを主に開発しています。 アトラシアンが提供するプロジェクト管理や情報共有のツールは、世界はもとより最近では日本でも活用をしている企業が増えています。...
【DOCU】 近未来の署名・ドキュサイン 企業分析
【DOCU】ドキュサイン ドキュサインは2003年に設立された企業で2018年4月27日ナスダックに上場したIPO銘柄です。 現在世界188ヶ国で25万社が導入し、1億人を超えるユーザーが活用しております。 事業内容は書面での...

コメント