選択は、個人に委ねられている

社会情勢

世間はバイアスだらけ

ものごとは、偏った形で伝えられます。それは、どうしても伝える側の意図があるからです。物の見方によって正しくもなりますし、誤りにもなります。

アジア競技大会のメダル

テレビをみると、2018年アジア競技大会が開催されております。そして、「連日メダルラッシュの日本」と報道がなされ、金メダルを取ったシーンが何度も放送されていました。

その中で、敏腕編集者の箕輪厚介氏がこんなコメントをしていました。

日本で、メダルラッシュと騒ぎ立てられてますけど、中国見るとこんな先いってるなんてびっくりしますよね。
そうです。現在日本は、金メダルが23個獲得していますが、一方中国は53個です。圧倒的に数では負けているのですが、このコメント以外その点には番組中に全然触れませんでした。

アメリカと日本の関係

日本では、トランプ氏と安倍首相が仲睦まじくゴルフをしているシーンが報道され、一見仲がよさそうに見えます。

しかし、現在中国と米国との間で揺れる貿易戦争にこっそり日本も加わっています。というのも、日本も関税の対象国です。

ちなみに、免除された国は、カナダ、メキシコ、EU、韓国(アルミには関税)、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジルです。

トランプ氏はあくまで「アメリカファースト」であり、日本が特別扱いではないことがわかります。

また、関税が掛けられている件についても「日本しか作れない製品を米国に輸出しているので、関税がかかっても売れる」ということで、ほとんど報道されませんし、ネットでの記事も少ないです。

自分はどうなのか?と考える癖

もしテレビで「日本は、中国にメダルの数で大差をつけられてますので、日本オワコン。」や、「米国に関税を掛けられてのいるので、米国の物を買うのを控えましょう」なんて報道をされればどうしても印象は変わります。

自分が正しいと思う方を選ぶことを心がける、それが、取るに足らない物でも輝かせるのではないでしょうか。

また、選択の際に、世間体を気にする事もあると思いますが、他人からすればどちらを選ぼうとも、「どうでもいいこと」が結構多いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

コメント