【SBUX】スタバからみる!企業の重要役職

米国株


皆さんもご存知の通り、先日スターバックスのCFO兼エグゼクティブバイスプレジデントのスコット モー氏が11月30日に退任すると発表しました。

本当に驚きました。例えるなら、

無意識な状態で、階段がもう一段あると思ってなかったときぐらいの衝撃です。

今後スターバックスは、配当金を強化し、成長株から脱却をはかります。この転換期をスターバックス乗り切れるのでしょうか?それは、今後を見て判断していくしかないでしょう。

ところで、CFOってなんでしょうか?

本日はスターバックスを通じて、役職を理解し、今回スタバでどんな立場の人が辞めることになったのか見ていきましょう。

CEO/COO/CTO/CMO/CFOのそれぞれの違い

大まかに分けるとこの5つがあります。

CEO・ケビン・ジョンソン

まず、CEOです。CEOはChief Executive Officerの略で、日本語では「最高経営責任者」と呼ばれています。会社で一番偉い方で、CEOは株主の承認を得て取締役会で決まります

スターバックスのCEOはケビン・ジョンソン氏です。以前スタバは、多くの場所で店舗が展開されたことでブランド価値が下げました。独自性を失いました。そのことをから、高級志向や、 独自性を意識したスターバックスの普及に務めるスタバの長です。

COO・ロザリンド・ブリューワー

COOです。COOはChief Operating Officerの略で、日本語では「最高執行責任者」と呼ばれ、CEOの側近です。仕事内容は、ざっくり言うと社長が決めたことを実行する責任者です。つまりCEOの右腕といっても過言ではないでしょう。

ロザリンド・ブリューワーさん。元サムスクラブのCEOで、50人のもっとも権威のある女性にも選ばれて、ウォルマートの地域副社長など務めるなど敏腕な女性COOです。正直この方が、辞めていたら株価の下りはもっと鋭利なものになっていったでしょう。

CMO・マット・ライアン

CMOです。CMOはChief Marketing Officerの略で、日本語では「最高顧客市場分析調査責任者」や「マーケティング最高責任者」と呼ばれています。市場調査、競合調査、具体的施策の立案と実行など、営業活動を支えるマーケティング活動や、企業のブランドのイメージ化も担います。以前は、ディズニーで働いていおり、グローバルブランドにとても長けている方です。ブランド力を上げていくスターバックスにはうってつけの方です。

CFO・スコット モー


CFOです。CFOはChief Financial Officerの略で、日本語では「最高財務責任者」と呼ばれています。会社の金庫番です。会社存続のために、資金調達、支出、予算編成、財務報告などの財務上または財務上の問題を克服する役割を果たします。それを担っていたのが、我らがモー氏。転換期で財務の責任者がいなくなることを発表ってそれはざわつきますね。

以前から他の企業で、CFOを務めた方です。そして、スターバックスのCFOを4年で退職。その理由について発表されていません。4年間のうち、2年間は市場の予想を上回るものでしたが、最近では予想を下回ることも多いので今回はそれらが要因として考えられます。

比較的若い年齢なので、自発的に辞めるわけではなさそうです。もう少し続けさせてあげても良さそうでしたが・・・(スターバックスには残る)今後どのような方がスターバックスのCFOを務めるのか注目していきましょう。

【SBUX】スタバ半端ないって!!
スタバ半端ないって!! スタバ半端ないって もぉーー CFO半端ないって!! 株購入したらCFOやめるやん! そんなの予測できる!? そんなのできひんやん 普通!! 言っといてや やめるんやったら 不透明感さらに強まるやん...
【SBUX】スターバックス10万円分購入
世界各地でコーヒーのチェーン展開をしているスターバックス株を購入!スターバックスが提供しているものにコーヒー以外の魅力?今後の展望は?
【SBUX】スターバックス 企業分析
【SBUX】スターバックス 本日は世界でも名高いローストと専門コーヒーの小売業者であるスターバックスです。少し前に鳥取県にも出店し、47都道府県制覇したことも話題になりました。高校生ぐらいからお世話になっており学校...

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント