フランス人から学ぶ節約術マインド

投資のヒント

フランスのイメージ

フランスといえばどのような印象がありますか?
スポーツではサッカーの強豪国であり、今年のW杯は優勝しました。

また、オシャレなイメージがあり、パリコレやパリジェンヌ、
世界的な有名な絵画モナリザが展示されているルーブル美術館、そしてワインなども有名なフランス。

とてもファッショナブルで洗練されたイメージがある国です。

しかし、一方で、有給休暇が多く、その消化率も高く、まるまる1ヶ月は休みと仕事とのオンオフがはっきり分かれておます。

また、イメージとは違い、徹底としたお金を使わない「節約を意識」した質素な生活を心がけています。

フランス人は超節約家

ファッションも節約

ジェニファー・L・スコット著である「フランス人は10着しか服を持たない」は、日本でも以前大きな影響をもたらした本です。

この本に寄れば、フランス人はファストファッションなどの安価で流行ものを衝動買いせず、数は少なくても、本当に似合うものを厳選し着まわしや、小物でやりくりします。

頻繁に服を買っていたらすぐにお金はなくなってしまいます。だけど、オシャレはしたい。そんな時の知恵として、フランスでは小物術が幅広く活用されています。

これが日本の雑誌では、「フランス人から学ぶ最先端の小物術」なんてキャッチコピーがついて紹介されています。

本当に似合うものを厳選できるいうことは、自分自身の事をよく理解しているということです。

節約は身近なところから

また、フランス人は鼻をかむときには、ティッシュを再利用します。

フランス人の特集番組で街ゆくフランス人にティッシュを持っているか確認したところ、ポケットに使用済みのティッシュが入っていました。

どうして入っているのか尋ねられると、鼻をかむためと答えていました。何度も乾かしては利用していると答えており、中にはハンカチで鼻をかむ方もいます。

徹底した節約マインドが鼻をかむ一つにとってもあらわれます。

フランス人は媚を売らない

以前友人と海外でフランス料理店に行った時の話です。
すこし、時間が空いたのでフランス料理で時間を潰そうと店にはいりました。

席に座ると、担当のウェイターがつき、注文をとります。その際に、他のウェイターやウェイトレスは、担当ではないので、呼びかけても対応してくれません。

また、お皿のつつきあいはNGで、私たちは、それを知らなくエスカルゴとフランスパンと飲み物だけ注文しました。

そうすると、ウェイターが「二人は中国人なの?」と聞いてきました。

「どうして?日本人だよ」と答えると、「その注文の仕方にはマナーがない、もっと頼むべきだ」と言われました。

日本の、お客様第一主義からすると違和感がありますが、はっきりと伝えてくれます。

NOと言えない流行に敏感な日本人

日本人は、流行に敏感で、相手の心を察して動く文化があります。それはそれですばらしいですが、まだ使えるものを修復など少し工夫をしたり、嫌な飲み会ははっきり伝えることで、いまよりもっと大切な時間と場所にお金を使えます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

Amazon.co.jpで買う
フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)
  • ジェニファー・L・スコット
  • 価格   ¥ 702
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

 

コメント