投資信託とは? 初心者が気をつけたい事

つみたてNISA

投資信託

現在注目されている資産運用の一つ投資信託があります。 投資信託とは、不特定多数の投資家から資金を集め、その資金を元にプロの運用担当者が株式、債権、REIT(不動産投資信託)などの商品を運用し、その利益を私たち投資家に還元する金融商品です。

メリットについていくつか紹介します。

投資信託のメリット

楽々運用

銘柄選び、売買タイミングなど経験知識が必要なことをやってくれます。専門的な知識をもたなくても買えるので初心者でも分散投資が可能です。分散投資は資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。

リスクがわからないようでは、極寒の冬でなぜ寒いのかわからない状態と同じです。その意味ではプロのファンドマネージャーに全て任せることは大きなメリットです。

少額から投資

投資信託は多くの投資家からお金を集めていますので1万円あれば購入できます。商品によっては、もっと安いものもありますので損しても投資したお金が少ない分リスクは抑えられます。

一方、個別株を購入する場合、単元株という決まりがあり、通常の株式取引で売買される売買単位のことです。1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1株、100株、1,000株が一般的です。

例えば1単元が100株の場合、売買は100株、200株、300株と取引が行われるのでいくら1株だけ購入場合や売りたい場合てもできません。

少額から始められるのは、精神的にも楽ですね

投資信託のデメリット

どの商品を選べばいいの?

投資信託を選ぶことは実は大変です。というのも選択肢が多いのが一つの要因です。現在投資信託は11,000あります。また株式投信に絞っても約6000まだあります。そんなときに困ったから適当に好きな名前で選んだり、銀行や証券会社でオススメしてくるものを安易に購入は危険です。

数多いし、勧められてるのじゃダメなの?

超低金利時代の影響で国債を保有してれば増えていく時代ではなくなっているのも一因ですが、銀行や証券会社は販売に力を入れています。

理由は簡単で見返りがいいからです。もっと簡単にいいますと儲かるからです。

投資信託を販売する際に販売手数料、売るときに解約手数料があります。また、プロのファンドマネージャーに任せるには人件費調査費がかかり、投資家つまり私たちが負担します。

せっかく利益が出ても手数料で取られては元も子もないですね

証券会社や銀行などはこのような手数料で稼いでいますのでボランティアで運用していないことを肝に銘じる必要があります。手数料をバカにしてると運用がうまくいっているにも関わらず損をしてしまいます。また、長期的に保有する商品でもよくわからずに売ってしまい手数料が取られる。

つまり、お金を稼ぐために始めたのにお金を取られてしまう……

元本割れのリスク許容

投資信託と預金が決定的に違うのは、「元本割れ」があるかどうかという点。預金は原則、銀行が破綻しない限り、預けたお金(元本)が保証されます。しかし投資信託は元本が保証されません

運用がうまくいかなければ、値下がりして、預けたお金が減るということで投資は敷居が高く感じる一因です。いくらプロでも100%未来を的中させられる人はいません。なので「プロだから安全」と言う気持ちは持たないほうが暴落した際に精神的によいでしょう。

私たちにできること

銀行や証券で買う場合気をつけるのは「売買手数料」が安く、「運用手数料」が安い商品を購入する必要があります。それには、対面ではなく、ネット証券を利用することです。SBI証券、楽天証券、松井証券この三つはオススメの証券会社です。ネット証券は基本的に店舗を構えていませんのでその分手数料を抑えることができます。

対面式の銀行、証券会社で投資信託を説明を聞いてから知識を蓄えてネット証券で購入するのは一つの手です。

また、商品を選ぶ際に「アクティブ型」と、「インデックス型」がありますが、「インデックス型」を選んだ方が「運用手数料」が低く、長期的にみるとおよそ8割「アクティブ型」が「インデックス型」に負けているという結果がでています。

理由は2つあり

性質上安定して結果を残していくのが難しいのと信託報酬(運用手数料)が高い点です。運用が上手くいっても手数料を多く払うので私たちにすればそんなに還元されないので長期的にとなると結果的にはインデックスに軍配が上がるわけです。

そして2018年の1月から税政改正でつみたてNISAがはじまり、投資信託が以前より良い商品を手数料を抑えて購入できるようになりました。
投資信託を始める場合に使わないのはもったいない制度です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

つみたてNISAならSBI証券がオススメ!
 証券会社は大きく分けますと、「ネット証券」 「総合証券」分けられます。 「総合証券」は店舗を構えており、顧客一人ひとりに担当者が付き、商品の提案などの相談に乗る体制をとっています。プロに相談したほうがいい、という方が多く利用されています...
つみたてNISAオススメ3銘柄
つみたてNISAオススメ3銘柄 つみたてNISAとは 最近CMで見かけることも多いので耳にしたことがある方も多いと思います。以前のこちらブログを見ていただけると始める必要性が伝わるかと思います。 今...
20、30歳代の最大限の武器!つみたてNISA始めよう!①
こちらは金融庁が「つみたてNISAの普及・利用促進を図るための金融庁の取組み等」で発表したものです。 2014年から始まった現行NISAは20歳代が4%で年代別で最低の比率です。そして、団塊世代(60歳代)から昭和一桁...

コメント