【OKTA】クラウド管理サービス企業・オクタを購入

米国株

【OKTA】オクタ

先月購入した銘柄オクタについて話していきたいと思います。オクタはクラウド管理サービス企業で2009年に創業されました。比較的に若い企業です。

企業内容
企業が拡張エンタープライズを保護し、管理し、顧客の経験を変えることを可能にします。Oktaのお客様は、アプリケーションやインフラストラクチャプロバイダとの5,500以上の事前構築された統合により、ミッションを達成するために必要なテクノロジを簡単かつ安全に導入できます。20世紀フォックス、ジェットブルー、ノールドストローム、スラック、ティーチャー・フォー・アメリカ、トゥイリオを含む4,700以上の組織は、Oktaが人々と技術をしっかりとつなぐことを信頼しています

irより抜粋

創業者はセールスフォース・ドットコムの幹部ということで話題を集めました。

セールスフォース・ドットコムは、米国カリフォルニア州に本社を置く、顧客関係管理ソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービスの提供企業である。

wikipediaより

企業分析

2015年から2018年の推移です。青の売上に注目すると右から上がりで好調さが伺えます。美しくすらあります。

また、オレンジの粗利も順調に伸びています。現在粗利率は約70%でとても効率よく売り上げをかげております。

一方、営業利益、純利益は下げております。まだ成長段階なので純利益は赤字であることはよくあるのですが、気になるのは

純利益の赤字の拡大

2018年は過去最大の赤字を出しています。

2018年の赤字問題

キャッシュフローを見てみましょう。

純利益は先ほどと同じで下がっています。そして注目するのが投資CFです。2018年に急に増えています。これが今回純利益の原因です。

2015年1月31日 2016年1月31日 2017年1月31日 2018年1月31日
純利益 -59.11 -76.3 -83.51 -114.36
営業CF -32.75 -41.54 -42.1 -25.24
投資CF -48.57 1.16 6.96 -99.7

設備投資は例年と比べてほとんど変わっていません。しかし、その他の投資キャッシュ・フロー項目、合計が増えています。

2015年1月31日 2016年1月31日 2017年1月31日 2018年1月31日
投資CF -48.57 1.16 6.96 -99.7
-2.94 -6.7 -11.74 -11.98
その他の投資キャッシュ・フロー項目、合計 -45.63 7.86 18.71 -87.72

これ以上わからないのでirで確認します。そうすると去年にはなかった「売却可能有価証券の購入」をしています。※()はマイナスを意味しています。

有価証券とは、株式・債券・手形・小切手などを指します。有価証券はそれ自体に財産的価値を有します。
有価証券は譲渡することにより、その有価証券の持っている財産的権利を簡単に移転させることができるのが特徴です。

ということで、純利益が下がっていましたが、とくに問題がないことがわかりました。

また、流動比率もすこぶる良く、流動資産が315.42に対し流動比率は190.76で、1.6534912979660308です。約165%でしょうか。いいですね。また、自己資本比率も40%を超えてきました。

そんなOKTAの決算が9月7日早朝にあります。前回同様、ガイダンス、コンセンサスを上回るか要チェックです。以上、私の保有銘柄でした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
 

グロース株で注目の「SaaS」銘柄紹介!
SaaSとは? SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態です。 すでに私たちの周...
【TEAM】アトラシアン 企業分析
【TEAM】アトラシアン ソフトウェア会社大手であり、チームでの共同作業用のソフトウェアを主に開発しています。 アトラシアンが提供するプロジェクト管理や情報共有のツールは、世界はもとより最近では日本でも活用をしている企業が増えています。...
【TEAM】アトラシアン・今後の躍進に期待のグロース銘柄!
グロース銘柄購入 8月に入り、立て続けに保有していた銘柄を売却し整理しておりました。それも、グロース銘柄の購入を検討した結果、 「銘柄が多いことが運用をぼやけさせる」 という考えに至ったためです。 そして先日グロース株を2銘柄購...

コメント