【MO】アルトリアから配当金うまうま

米国株

配当金

アルトリア・グループは全米トップのたばこ会社です。マールボロやラークなどのブランドを有しています。日本で最近見かけるようになった無煙タバコや、他の事業としましては、ワインも手がけています。また、以外かと思われますが、セクターは生活必需品に分類されています。

本日そのアルトリアから配当金をいただきました。何もせずに不労所得を得ることができるのは、投資冥利につきます。今年2回目でしたので、あと2回もらえることができます。

業績推移

一年通して売上、純利益共に黒字です。2018年の3月決算を去年と比較した場合、ほぼ同じでした。

やはり、全体の中でタバコ大きくウェイトを占めています。また、禁煙が進む中、去年と比べ大きな差はないです。一方、アイコスなどの無煙タバコは去年と比べ12.7%と売上を伸ばしております。純収益から見てもタバコが主力ということがよくわかります。(2017、2018%変化)

配当・利回り

配当金は1株あたりのものです。現在は1株あたり0.7ドルで2015年から見ると右肩上がりで推移しています。また、オレンジの線は配当利回りで、今年の三月に比べ最近は株価上昇の影響で下がって見えますが、近年では4%超えておりの高配当銘柄です。

まとめ

タバコはこれからも喫煙者が減ると言われており、最近は喫煙スペースも少なくなり煙たがられる存在ですが、なくなることはありません。人はやってはいけない、吸ってはいけないと抑圧されればされるほどストレスがたまり、ストレスから解放されたいため吸いたくなります。その循環で永遠に滑車の中のネズミのように回り続けるでしょう。そして、タバコのイメージが悪くなれば。配当利回りもあがりいいことずくめです。

以前は消費者側でしたが、現在は搾取する側として喫煙者に感謝をし、タバコは絶対に吸うことはないですが、これからも長い付き合いができそうです。

【MO】健康を目指すアルトリア
健康を目指すアルトリア  最近はどこいっても禁煙所が増えましたね。そしてアイコスなどの加熱式のタバコを吸われる方が多くなって、健康意識での喫煙者が増えてきてるように感じます。 以前海外のタバコの箱が日本と異なったのをよく覚えています...

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント