【LVS】$幸運の街ベガス$

米国株

【LVS】$幸運の街ベガス$

皆さんはカジノへ行ったことありますか?
私は以前行ったことがあり、一万円だけ遊びあっという間に文無しになったことがあります。しかし、映画の「ラスベガスをぶっつぶせ」みたいなきらびやかで、ドレスコードがあるようなカジノではなかったのでそんなところに1度は行ってみたい気持ちもあります。本日はそんなカジノの銘柄について話してみたいと思います。

ラスベガス・サンズとは?

ラスベガス・サンズ(LVS)は、高級ホテルなど世界的に有名な統合リゾート運営会社でもあり、カジノの経営会社です。
アメリカだけにとどまらず、マカオやシンガポールでも事業を行なっています。
本拠地はもちろんラスベガスです。

日本では先日 
IR法 が設立しました。
※統合型リゾート(英称:Integrated Resort、略称:IR)

内容:
1施設あたりの面積の上限を1万5千平方メートル
カジノの収益の一部を国などに納める納付金率を「30%の定率」
入場回数は「週3かつ月10」でマイナンバーで管理をする
認定区域の上限は3カ所 etc..

そしてそのIRに意欲的なのがアデルソンCEO率いるラスベガス・サンズです。
彼はもともと貧しい暮らしをしており、12歳から新聞配達をして生計を立ててた苦労人でした。
しかし、現在は長者番付21位で超金持ちで昨日も報酬が2倍になったみたいです。

そんなアデルソン氏は、「大阪や東京、横浜のような大都市で100億ドル(約1兆1000億円)規模の投資を行える」と述べ、ニュースなどでは大阪が誘致先の有力候補として挙がっています。

株式指標の推移

ここ近年と比べ株価が急激に上昇しており、調整の影響で戻して現在は70ドル近辺を推移しています。

売上高と当期純利益

売上高ですがほぼ横ばいで安定して利益を出しています。
そして去年は純利益が倍近くに伸びているため大変優秀です。

ROEとROA

 

ROEは自己資本利益率で当期純利益 / 自己資本ででます。

企業が自社株を買うと、その分だけ株主資本や、自己資本が減りROEが高まるのですが、
ROEが下がっています。これは安定して売上が上がっており、純利益も出てるそして株価も上昇しているので自信の表れかもしれません。それでも、10%越えれば優秀なのでものすごく優秀です。2018年に入り、自社株買いを行なったのでROEがまた高まる予測で企業としていい循環になっています。

ROAは資産利益率で利益 / 資産ででます。

「企業が資産に対して、どれだけの利益を生んでいるか」を表しています。ROEだけ高くても無理して自己資本や、当期純利益を減らしている場合は危険です。なのでROAも確認することで健全な会社か見極められます。ROAは5%以上なら優秀ですが、 はい、 優秀でした。

そして一株あたりの利益も着実に増えています。PERも20と割高ではないです。直近でみるとRSIは56なので買いが入ったため割高ですね。現在日本の賭博はパチンコが大半を占めています。
そんな日本に本場のカジノが現実になってきました。

今後、日本に大きな影響を与えるオーラがビンビンする銘柄です。そして、トランプ大統領の選挙期間では最大の援助企業でカジノが日本で根付くと長期的により堅実な銘柄になっていくのではないでしょうか

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

カジノ法案、参院委可決!!参入企業は?
法律成立の流れ いよいよカジノへの道が開かれたと言ってもいいでしょうか?元々は2020年のオリンピックの時期を目指していましたが不可能になり、このまま相当うまくいけば2023年に日本にカジノが誕生します。そして今まさに、法案について議論が...
【LVS】ラスベガスサンズ10万円分購入
ラスベガス・サンズ株を約10万円分購入しました。こちらもスターバックス同様に欲しかった銘柄で、以前企業分析をしてから大きく反発してました。そして、久しぶりにラージヒルしてくれたので購入。 ラスベガス・サンズ サンズは、米国、シン...
【LVS】カジノ外交でラスベガス・サンズ日本参入目前!?
日本でカジノ産業進行 今後、日本の新たな産業として注目されているのがカジノです。 IR法が成立したことにより、近い将来日本にも複合施設型のカジノができます。そのため、ディーラー育成の学校が東京、大阪などで既に開講されました。そのカジノの...

コメント