投資の失敗から適性を見分ける

投資のヒント

投資のスタイル

本日は私の投資スタイルについて話していきたいと思います。

大きく二つあります。

価格差益(キャピタルゲイン) 配当(インカムゲイン)

 

キャピタルゲインとは「安い時に買って、高い時に売る」ということですが、具体的には、以下のようになります。

100円の株価を100株1万円で購入したとします。
この株が1年後に200円まで上昇しました。
株価は倍になっていますので、資産も倍に買っていることになります。
つまり、この時に売却すれば購入時の投資金額である1万円が2万円になり、1万円の利益となるのです。

インカムゲインとは配当金で株式を保有していると、企業によっては利益の一部を株主に還元するということを行います。その受け取るお金のことを配当金と呼びます。

2018年から投資を始めて3ヶ月経ちますが、最初は右も左もわからなく、初心者あるあるかもしれませんが、気持ちが焦り病気にかかります。

早く投資をしなくちゃいけないと思ってしまう病

 

この病気に私はかかってしまいました。今を逃すと今後はもっと高値になる!と思い込んでしまう病気で「俺なら、私なら大丈夫」と思うと症状が出ています。

 

初めての日本株

積み立てをはじめて一週間ぐらいしたあたりだったでしょうか
私は、量子コンピュータ、人工知能など今後成長が見込める株を買いたいということでロボットで有名な「フロンテオ」の株を購入しました。そして、5000円利益が出たら売ろうと思いながら始めました。

当時、一株785円で買い、上昇線を描いてました。予想が当たったのか800円も越え、気づいたら5000円近く利益が出ていました。日々上昇していく指数を眺めながら本業の仕事中も気が散ってました。
そして、目標の株価825円で5000円以上の利益に到達!!
私の目は狂ってなかった!もっと上がる!買い増しまであるか!?錯乱してました。目標値に届いたのですが、欲をかいて売らなかったんですよね。約束を破ってしまったんです。
二日後株価745円でー5000円の含み損!!
初の日本株は買値より大きく下げ、そこで損切りをして利益確定しました。
大きく下げたことで私の目が冷めました。その時は悲しかったですが実際、その後大きく下げ651円までいきました。

 

教訓

  • ルールは守る
  • 衝動買いしない
  • 長期的に安定している会社にする
  • 分析して割安か判断する

初の個別株で私は短期売買に向いていないと気がつくことができましたので、株価の指数変動がすくない配当金メインの投資をはじめることになりました。

実際に、本日シスコシステムズから配当金が貰え、安定した資産形成ができるのでこちらが向いていました。

シスコシステムズについてのブログはこちら

投資を始める場合どちらが向いているか適性を見分ける必要があると思います。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援クリックお願いします

ではでは

コメント