投資信託は安全?

つみたてNISA

投資信託の財産は守られる?

最近は、つみたてNISAの影響もあり、知名度をあげている投資信託。しかし、よくわからないまま、始めるのはとても勇気がいります。

こつこつ1000万預けて、ある日突然倒産して0円になる可能性があるのでしょうか?

結論としますと、

安全

投資信託に預けたお金が結論から投資信託は仕組み上投資信託に携わる各機関が仮に破綻していも投資額にかかわらず制度的に守られます。

投資信託と機関の役割

 

投資信託は販売会社、運用会社、信託銀行といった各機関がそれぞれの役割を果たすことで成り立つ金融商品です。

 

販売会社破綻

販売会社が破綻した場合、投資信託の取引する際に窓口になり、投資家とお金のやりとりを行いますが、お金は販売会社を経由して、信託銀行が信託財産として管理しています。
したがって、販売会社が破綻したとしても、信託財産に影響はありません。
保有していた投資信託は、別の販売会社に移管され、移管先の販売会社で引き続き取引をする事ができます。

運用会社の破綻した場合

運用会社は運用指図を行うだけで、信託財産の保管や管理は行っていません
運用会社が破綻しても、信託財産は運用会社とは別の信託銀行に保管されている
信託財産に直接影響がありません。
運用していた投資信託は、運用していた投資信託は、ほかの運用会社に運用が、引き継がれるか、繰上償還されることになります。

信託銀行が破綻した場合

投資信託の信託財産は、信託銀行が管理していますが、信託財産は信託銀行自身の財産とは、区分して管理(分別管理)することが法律で義務化されている。

なので、信託銀行が破綻しても、信託財産に影響はありません。投資信託は破綻時の基準価格で解約されるか、もしくは銀行に信託財産が移管されれば、投資家はそのまま投資信託を保有することができます。

まとめ

つまり、投資信託を購入する際に関連する機関が破綻しても、信託財産に影響を及ぼすことはないです。しかし、投資信託は元本を保証するものではありません。購入した商品が悪いと信託財産がどんどん減っていきますので、商品選びは慎重に。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント