貯蓄も大切だけど支出について考えることはもっと大切

投資のヒント

貯金は把握から

お金がない場合、手っ取り早くお金が貯まる方法があります。それは、節約です。節約することでお金が貯まります。

その立役者は「Money Foward(資産管理アプリ)」です。

このアプリをを利用し資産を把握できるようになったからお金が加速的に貯まるようになりました。


前回たぱぞう氏の集いで仲良くさせて貰った投資家の方々も利用されている方もちらほらいてさすがに投資家の方々はお金の管理はしっかりしています。

何が良いかといいますと、銀行、証券、クレジットカード、ポイント、JIS&T(確定拠出年金)、仮想通貨など個人のあらゆる財産を一括管理でき、支出、収入が一目瞭然になることです。

貯金することでの副産物

貯金をすることで副産物を得ることができます。それは

「自分にとって大切なものに気がつくこと」

私はお金に対し、考え方が変わりました。そして、次第に行動も変わるようになりました。それは、衝動買いが減り「本当に自分にとってこの時間や物が役に立つのか」と考えるようになったことです。

支出を見極める

お金を貯めるだけでは人生は充実しません。
時には、目的をもって支出することは貯蓄よりも大切だと思います。

では、どのような支出があるの一度整理してみましょう。一般的に支出には4つあります。

支出

  • 消費(生きていく上で生活に欠かせないもの。)
  • 浪費(無駄遣いで、生きていく上で必要がないもの)
  • 投資(趣味の時間、人脈作り、書籍代、株など生活を豊かにするもの)
  • 空費(時間の無駄遣い)

支出する際に大切なのが、「消費」と「投資」にはお金をきちんと使うことです。

逆に、愚痴を言っている時間、満員電車、惰性での飲み会、目的のないテレビなど身近な「浪費」と「空費」を意識し減らすことで好きなことをしている時間が増え、お金が貯まり充実した人生をおくれるのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

コメント