優秀でありたいなら読書は必須

投資のヒント

自己投資の読書

本を読むことで、多くの学びがあります。これほど、手軽な自己投資は他にありません。
1秒5万5千円を稼ぐビル・ゲイツ氏、投資の神様ウォーレン・バフェット氏のような大富豪であっても読書を欠かさず行います。

大富豪になっても読書を続けるのは「幅広い知識」「考え方の柔軟性」「話題の対応性」などの大きなメリットがあるからです。

1日30分読んだ場合と、そうでない場合は一年に換算するとても大きな差があります。

1日あたり 1週間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
30分 3時間30分 15時間 45時間 90時間 182時間30分

それが、10年20年と続いた場合、日常的に本を読んでいる人との差は埋めるのは難しいです。

本当に何かをしっかり学ぶのなら、関連する本を大量に読む必要があるでしょう。

しかし、日常的に、「本を読む人」「本を読まない人」がいます。その差は何でしょうか?

読書は効率的に

東大法学部を首席卒業後、財務省を経て弁護士であるスーパーキャリアウーマンの山口 真由さん。

「結果を出す、やり遂げるための情熱は、読書からしか得られない!」と公言しています。

自頭が良いのもありますが、驚くべきは読書法です。
「どんな分野のどんなテキストを軽く読み流すだけを7回繰り返すだけ」
とてもシンプルな読み方ですが、合理的な読み方です。この読み方のメリットはマーカーと付箋をつけたりせず、肩の力を抜いて読むことができます。

読書が苦手な方は読書において、しっかり「最初から最後まで読み込まなくてはいけない」という思い込みが読書を避ける原因になっています。

読書はあくまで手段であり、一字一句読み込む必要はありません。独唱で身についた知識をどう生かしていくかが大切です。

要領よくすることで、読書が日常の習慣になり多くのメリットを教授することができます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

Amazon.co.jpで買う

コメント