【ADBE】アドビシステムズ 企業分析

米国株

アドビシステムズはナスダックに1986年に上場した企業で、「イラストレーター」「インデザイン」「フォトショップ」などのDTPソフトフェアをはじめ、「アクロバット」などのPDF文書の閲覧や作成ナレッジワーカー向けのサービスを提供するソフトウェア大手の企業です。

本社は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州のSan Joseにあり、一般的に、シリコンバレーと呼ばれる地域で、アップルや、インテル、ネットフリックスの近くに位置しています。

San Joseはサンノゼって発音だけどスペイン語だと、サンホゼの方が発音が近い

 

株価

 

現在株価は、$274,40で右肩上がりで推移しております。

売上高と純利益(四半期)

直近の第一四半期は20億7894万ドル売り上げがあり、前年の同期より、約23%上昇しています。純利益を見ましても安定的に伸びており順調さが伺えます。

収入内訳

 

こちらは20億7894万ドルの内訳です。86%はサブスクリプションです。ソフトウェアを提供することで定期的な収入です。私も月末になると会社で支払っています。これがadobeを支える収入源で、安定的に売り上げを伸ばすことができる要因です。

売上構成内訳

デジタルメディア  デジタルマーケティング  パブリッシング  トータル
収入 $1,460,561.00 $554,107.00 $64,279.00 $2,078,947.00
営業原価 $55,469.00 $198,792.00 $4,641.00 $258,902.00
粗利益 $1,405,092.00 $355,315.00 $59,638.00 $1,820,045.00
売上総利益率 96% 64% 93% 88%

こちらは売上構成で、デジタルメディア、デジタルマーケティング、パブリッシングの三つで構成されています。注目したいのは、収入に対して、営業原価が全然かかっていないところです。

デジタルメディアに関しては、驚異の96%で逆に言えば、原価率は4%です。どのくらいすごいか食べ物と比べて見ましょう!

原価率が最も低い食べ物ランキング

 

・1位 わたがし(3%)
・2位 かき氷(12%)
・3位 ベビーカステラ(14%)
・4位 宅配ピザ(15%)
・5位 フライドポテト(20%)

惜しくも、ザラメに割り箸をつっこんだ「わたあめ」に負けてしまいましたが、それでもデジタルメディアは2位に食い込む大健闘!adobe全体では88%なので、縁日の日以外も、かき氷並みの原価率で定期的に収入が入ってくると思うとすごさがわかると思います。

 

逆にわかりにくいかも‥‥

売上高と純利益(通期)

 

こちらは年間別です。こちらを見ましても綺麗な右肩上がりです。純利益も同様に右肩上がりです。

感想

個人的に仕事で、インデザインなどを使った作業をすることもあるので、馴染み深い企業です。現在、adobeは52週高を更新しており、PERも70倍をオーバーし、RSIも67と期待の高さがあらわれています。一方、配当金は出ていないので、今後も安定して収益が出せる長期安定高成長株で、キャピタルゲインを狙える銘柄として注目したいです。下の動画はadobeの動画です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援クリックお願いします

ではでは

コメント