愛とは判断を鈍らせる

投資のヒント

出費を抑えること

投資をする前に個人的には一番大切だと思うのが資金を捻出する事です。

これが簡単のようで難しい、人は生活レベルが変わると些細なことでストレスに感じ反動で一気に浪費や日々が幸せに感じにくくなったり様々です。

具体的に言うと先月は固定費を減らすことに力を注ぎました。

以前の話で私は携帯電話を月に1万円以上毎月支払っていたのですが、マイネオに乗り換え月々8千円お得になりました。

そしてそれに伴い、Yモバイルで契約していたポケットWiFiが不必要になり、まだ契約期間中で違約金が発生いたしましたが解約しました。
また、今後ポケットWiFiを使う可能性もあるので解約時にSIMフリーにしました。

※お店の方に任せると3000円かかるのできる方は自力がおススメです。
ググれば10分ぐらいで初心者の私でもできました。

そして私にとって最も大きかったのは車を手放しました。本日は車について話していきたいと思います。

愛とは判断を鈍らせる

車との思い出

かれこれ5年近く乗りました。

もともと中古車で購入時は4年で4万㌔走行していましたが、使われ方がよく、ほぼ新車の車でした。
しかし、当時の私はペーパーで良くぶつけました。名古屋を走ってればウインカーを出さず幅寄せてしてきた車に擦られ、

スタバから戻ってきたらぶつけられてサイドミラーが折れ曲がってたマイカー洗車した次の日に鳥にク〇まみれにされ、

暑い日に車内でアイスが溶け、気が付けばアリだらけになったマイカー仕事が始まる10分前にバッテリーがあがってコンビニから動けなくなりました。

と、こんなにもたくさんの思い出が溢れ出る、ホントにたくさんの酸いも甘いも経験してきました。

固定費と変動費

しかし、一方で毎月保有しているだけでお金がかかる固定費

具体的に保険、駐車代、重量税、自動車税、二年に一度の車検など

乗る頻度などで変わる変動費
ガソリン代、高速代、パーキング代など

「ホントに私は車を所有しているのか?」

と疑問に思うぐらい何もせずにお金は飛んでいきます。

ほぼ乗らなくても積立NISAの限度投資額は毎年費やしています。貯金をしようと思っても車を保有しているだけで大きな妨げになります。

今後は?

世界的に見ると日本はアメリカ、中国に次いで第三位の保有ランキングですが、国内に目を向け20代でみますと他の年代と比べ大きく下回り、50%も満たないです。

免許をとっても車を持っていない若者は交通機関で電車やバスなどを利用するのと
車がステータスと思わなくなっているのも一因ではないかと思います。

今後は私は車を近いうちに購入する気はなく、レンタカーを利用しようと思います。

実際に見積もってみました。

毎週借りた場合 1年は約52週なので52回とし、レンタカーを毎回プリウスとした場合12時間約1万円

1年で52万円です。
やはり多めに見積もっても固定費、変動費を考えると割安です。

物は考えようで、「車のメンテナンスを業務委託している」と考えれば気分はお金持ちですし、浮いたお金も投資に回せそうです。

でも欲を言えばThe Beetle Black Styleとか欲しいです。必要最低限を今年度は意識して、資金形成をしていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

コメント