気絶してたけど、つみたてNISAってどうなった?⑤

つみたてNISA

6月に入り、昨日は朝から雨が降り、梅雨の季節がやってきました。
こんなジメジメする日々がやってくるとゆずの大バカ者を聴いてジメッとした雰囲気を吹き飛ばしたくなりますね。
しかし、ヨーロッパでは6月と言えばジューン・ブライドといい比較的に雨が少なく、一番気候がよい季節といわれていることから結婚式にも最適の時期だといわれています。

英語のJune(6月)とBride(花嫁)でジューン・ブライドです

そして気がつけば、つみたてNISAをはじめ5ヶ月近く経っています。今日は久しぶりに、どうなっているかみてみましょう。

つみたてNISAどうなった?

当初は買い付けをしている度に、ネット証券にログインをし、動向を伺っていましたが、現在は気絶投資を実践しており、上がろうが、下がろうが、見ることもありません。

毎度お馴染みで上が、安かった時に誤って特定預かりで購入した楽天・全米インデックスで、下が、つみたてNISA預かりで購入している楽天・全米インデックスです。

下のつみたてNISA預かりは毎日少しづつ購入しているので、保有口数が増えて、気がついたら14万円も購入していました。

塵も積もればなんとやらですね。私が購入をした当初は取得単価が10800ぐらいで高値掴みでしたが、その後、調整があり大きく取得単価を下げました。もし、つみたてではなく、一括で購入してたら、今でも評価損益は含み損でしょう。

投資の経験が長い人からすると、ドルコスト平均法は、賛否両論ありますが、市場から退場するリスクを減らせる点から、やはり初心者には、オススメしたい方法だとつくづく感じます。

くま
くま

ドルコスト平均法とは一定の金額を、同じ投資対象に投資し続けるというもの

また、評価損益についてですが、プラスに転じており現在+6250です。このことについては、私にとってはあまり喜ばしいことではないです。はじめた当初は、プラスになればワクワクしましたが、実際の出口はずーっと先です。早くても10年、理想は20年です。よく考えれば今プラスである必要はぜんぜんありません。

むしろマイナスの方が、安く購入でき、取得単価を下げることができます。結局は、取得単価と基準価格の差が売る時に大きければいいのです。

なので、一気一憂せず、淡々と購入する気絶投資法をこれからも続けていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ではでは

コメント

Bitnami