投資を始める以前に大切なこと

投資のヒント

投資を通じ、資産形成で大切なことはなんでしょうか?私は「節制をし、資金を貯め、よい株に投資をしていく」その繰り返しだと思います。しかし、それ以前に投資には限りませんが、大切だと感じていることがあります。

行動に移すこと、つまり「アウトプット」です。

最近は電子化が進み、私が利用している証券会社もネット証券なので基本的にはオンライン上で取引をします。買い物もアマゾンを利用すればオンラインで買え、それらを当たり前のようにパソコンやスマホから利用しています。

 

私の幼少期と比べて格段に進歩し、簡単に情報を取得できるようになりました。触れられる情報量も同時に格段に増えています。なので情報が多い分、一見すると選べる選択肢が増えたように見えますが、「インプット過多」になってしまうことで選ぶことができなくなってしまいます。

 

掃除に例えると、部屋が散らかり過ぎているとどこから手をつけていいのかわからなくなってしまうアレです。

 

※メリンダの部屋ではありませんよ

 

情報を取捨選択し、情報を吟味したあとはなんかしらの形で行動に移すことが大切です。

 

行動に起こさないと結局何も変わらず現状維持です。現状維持ならまだいいと思いますが、時間が過ぎていると考えると、むしろマイナスと言って良いでしょう。

 

しかも現状維持を続けていると、何かを始める場合でも現状維持の為の口実を作ってしまうのが最悪です。例えば明日テストなのに、掃除を始めて点数を取れない、バイトを入れてしまう、教科書を忘れるなどです。

このタイプは、口では変わりたいといいますが、変わらない自分を選択しているので、経験上何を言っても無駄です。何かを変える場合、痛みを伴う場合もありますが、常に新しい発見があり、その繰り返しで、本当に良いことや悪いことの区別がつき、確信をもって選択できます。

 

日本人はアウトプットが苦手だ、と言われ、英語なども以前は勉強の割に話せない方が多かったのですが、文部科学省では「アクティブラーニング」を推奨しており、今後は自ら学び、深い知識を得ることに力を入れていきます。また、授業ではダンスが必修になったり、ユーチューブの動画投稿、インスタ、ツイッターなど積極的にアウトプットしています。

 

そう考えると発信力があり、行動力がある若い世代はある意味最強の世代で、今後は投資が当たり前になる時代が近づきつつあるのではないでしょうか。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援クリックお願いします

ではでは

コメント