資産形成させる気ある?iDeCo始めるまでハードル高過ぎ

iDeCo

 

iDeCOは個人確定拠出年金

 

iDeCOは個人確定拠出年金で自分の老後の資金を準備するための制度です。「DC」「401」などの言葉もありますが、すべて同じもので確定拠出年金は毎月または月ごとに金額を指定し、決まった額の「掛金」を積み立てて、資金を自分で運用するものです。

若い人ほど恩恵が得られる制度ですが、そのiDeCoを始めるまでが意外とハードル高杉なので見ていきたいと思います。

 

そもそも知らない

 

これは結構多いと思います。意識していると街中で見かける機会は増えてきましたが、日本は金融リテラシーが低いのでiDeCoが何かわからない、名前ぐらいは聞いたことがある程度で「どのように始めるか」「何を購入するか」など知らないので始めることもありません。

余裕資金がない

 

iDeCoが何か勉強された後、次の問題がお金です。iDeCoの特徴は20〜60歳までの国民年金・厚生年金加入者が入れますが、60歳になるまで途中解約はできません。

また、いくら掛金の税金が控除されるといっても、掛金の割合が控除より大きいので手元のお金は減ります。余裕資金がない場合には始められません。

毎月5千円でも始められますが、手数料負けしてしまうので少なくても毎月1万5千円以上必要なのである程度まとまったお金です。

商品を選ぶ必要がある

iDeCoを理解し、余裕資金がある場合に次に必要なのが商品を選ぶ必要があります。

元本確保型元本変動型

iDeCoで選べるのは2タイプです。まずはどちらかで運用をするか決める必要があります。

元本確保型は定期預金で、元本を確保はあらかじめ決められた金利で運用され、満期時に元本と利息が確保される安全性の高い商品です。

元本変動型は投資信託で元本の変動があり運用状況に応じて元本の変動がある商品です。

仮に元本変動型を選んだらどの投資信託にするかを選ばなければいけません。ここでも知識が必要になります。

商品を購入する場所を決める

 

iDeCoを理解し、余裕資金があり、運用の方向性を決め、投資信託もある程度絞った場合はどこでiDeCoを郵便局、銀行、証券会社、ネット証券と様々な機関で最適なものを選ぶ必要がります。

iDeCoを申し込む

ようやく購入する場所を決めた後、書類を請求し、書類を記入したあとは会社に提出する必要があります。自分の力だけでは加入できません。

会社に書類を書いてもらわないといけないのでiDeCoを始めることが会社にバレます。しかもこの書類を会社に書いてもらうのが実は非常に大きな問題で、最近ではiDeCoハラスメント(イデハラ)という言葉が登場しているように、会社に書類を書いてもらえない「企業年金あるからそっちはいいでしょ」ということが担当者の知識不足や、手続きの面倒などで実際にあります。

国民基金連合会での手続き

その先に待つのが国民基金連合会です。以下が私の進捗状況です。

私の不備で一箇所フリガナを書き忘れて返却され、現在は年金基金連合会で審査中です。

この審査が長いです。

これほどテクノロジーの進化で便利になった世の中で、1ヶ月から2ヶ月かかるのは問題があります。

これらの手続きを行なった場合トータルで見積もって3ヶ月はかかるので時間、知識、金銭、対人関係などで意外とハードルは高いといえるでしょう。

 

以下は私の例です。

iDeCoは掛金の税金が控除以外にも運用益も非課税なので個人的に運用は投資信託で運用の元本変動型を選びました。

iDeCoの申請は楽天証券です。理由としてはネット証券の方が手数料面でお得でSBI証券もいいですが、購入したい投資信託を取り扱っていないためです。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド
愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

世界最大級の運用会社 インデックス・ファンドの世界シェア NO.1でアメリカ大企業から小企業まで投資対象にした商品です。

 

商品分類
単位型・ 追加型 投資対象 地域 投資対象資産 (収益の源泉) 補足分類
追加型 海外 株式  インデックス型
属性区分
投資対象 資産 決算頻度 投資対象 地域 投資形態 為替ヘッジ 対象 インデックス
その他資産

(投資信託証券 (株式))

年1回 北米 ファミリー ファンド なし  その他

(CRSP USトータル・ マーケット・ インデックス)

投資銘柄数 3619

以下が主要な構成銘柄です。

銘柄 業種 比率
アップル テクノロジー 3.00%
マイクロソフト テクノロジー 2.60%
アマゾン 消費者サービス 2.20%
フェイスブック テクノロジー 1.50%
JPモルガン・チェース 金融 1.40%
バークシャー・ハサウェイ 金融 1.40%
ジョンソンアンドジョンソン ヘルスケア 1.30%
アルファベット INC-C テクノロジー 1.20%
アルファベット INC-A テクノロジー 1.20%
エクソンモービル 石油・ガス 1.20%

 

資産形成をする場合、つみたてNISAとiDeCoを軸にした方が、下手にテーマ株を買ったり、宝くじを買うよりも断然オススメできます。心折れポイントがたくさんありますが、今後のためを考えたら些細なことです。ググる力をつけ、始めると決めたらくじけずにいきましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援クリックお願いします

ではでは

コメント

Bitnami