仮想通貨関連・上場廃止

米国株
img_fb43d7ccffd8f38698cd45baab3609a5302011

おはようございます。
メリンダです。
昨日のニュースでビットコインの話題があったので触れたいと思います。
仮想通貨関連の「ロング・ブロックチェーン」と「ロングフィン」の2社がナスダック市場から退出する、という記事がありました。
12日付で取引ができなくなります。
ロング・ブロックチェーンは以前「ロングアイランド・アイスティー」という飲料会社で名前から容易に想像できますがアイスティーなどの飲料水を販売する一般消費財セクターでした。
時代の流れにあやかろうと社名を変更「ロング・ブロックチェーン」になり、ブロックチェーン技術に注力するとして1日で株価が6倍以上に急騰するなど話題になったが、業績は赤字続きでした。
800x-1

軸が全然違うのでブレブレで今回の結果は当然の結果だっだのではないでしょうか。

しかし、企業名を流行り物に変えるというのは良い悪いは置いて、凄いことだと思います。

どのくらい凄いか、ということを実際にブログのタイトルに置き換えてみると実感が湧くかもしれません。

私のブログのタイトルは「メリンダの米国株入門」です。

日々米国株や持ち株について書いているブログのタイトルです。

「ロングアイランド・アイスティー」が「ロング・ブロックチェーン」変更した形に、
連日話題の「大谷二刀流sho time!」とHOTna話題を足してみたいと思います。

そうすると‥

 

「メリの二刀流show time!」

 

とまぁこんなブログ名になります。

そしてこのブログでは二刀流の話をしていくわけで例えば、

「今日の二刀流について」

 

「なぜ二刀流をはじめようと思ったのか」

 

「二刀流が通じない時の秘策」
「二刀流で影響を受けた本」
「二刀流をオススメしたい年代」

「二刀流の見分け方」

1週間ぐらいはアクセスは増えるのでしょうか?
わからないですが、「二刀流」のノウハウもないままに勢いで「二刀流」ブログをやるのはリスクということが少しは伝わったでしょうか?
つまり今回の上場廃止は起こるべきして起きました。

明日について「メリの二刀流show time!」ではなく
「メリンダの米国株入門」を続けていきたいと思います。

ではでは

 

 

 

コメント

Bitnami