株を始めようか迷っているなら・・

投資のヒント

おはようございます。
メリンダです。

新年度が始まり株をやってみようかな?と考えている方にアドバイスをしたいと思います。

迷っているなら「とりあえずやってみましょう」です。

先日、仲間内で集まりディベートを行いました。
コンスタントに人数も集まるようになり、全体的に話す質も高くなり脳みそが痺れる時間を過ごします。
また、今回に限って集まった人数が7名でしたので3名と4名チームに分かれ、私はじゃんけんの結果
3名のグループでした。

グループを分けた後は、いきなりディベートを行うわけではなく準備時間があります。

その時間を使って単語を調べたり、相手チームが言うことを予測をたてたり、グループ内の意思統一をはかります。

いつもは各自で考えた後に意見をまとめてディベートに臨むのですが今回は違います。

私たちのグループ3名です。

3名が各自1回行っても3回、相手チームに1回分足りません。

つまり「誰が2回話すか」を最初に決める必要があります。

私たちのルールでは1人の持ち時間は5分から7分で行っています。

ですので2回行った場合は10分〜14分話す必要があります。

結構ヘビーに感じます。できるか不安もあるでしょう。

そしてなんだかんだあり、今回は私が2回話すことになりました。

とりあえずやってみました

終わった今だから感じるのですが、やってよかったと思います。

  • 経験値があがった
  • 自己分析ができた
  • ブログのネタになった

今回の経験で他の方よりも多く話す機会があり、また長く話すことで私の中の限界値が取り除かれた気がします。そしてこうしてブログに書けているのでいいことづくめでした。

株も同じです。

よく株が怖い、とか破産するとかマイナスのイメージがついて回ります。

特に米国株は私の周りを見ても誰1人いません。

そもそも株は怖くはないです。また、購入した株が倒産などで価値が0になることはあっても、あなたが破産をすることはありません。

株を始めている方なら正しく行えば、つまりギャンブル的に行わなければ決して怖くはないと感じています。

ギャンブル的とは、なんとなく適当な銘柄の株を買ったり、慢心してレバレッジをかけたり、個別株を一点集中などです。

失敗するリスクよりやらないリスクは大きいと思います。

起きていないことを考えるとチャンスを逃してしまう原因になるからです。

株で損をしていないのに元本割れたらどうしようと考えている方がいた場合

ものすごくタイプの子がいても声をかけることができないのでその子とは一生付き合えません

声をかけて振られた時に原因を考えればいいのです。

つまり、投資を始めて初めて元本割れた時に原因を考えればいいのです。

そうすれば必要なものが明確になり、自分の長所にも気がつくでしょう。

私は株を始めて視野が広がり、話題が増え、目標もできました。

なので迷っている場合は「とりあえずやってみる」を実践してみてください。※犯罪は絶対にダメ

ではでは

コメント